健康増進への取り組み

健康増進への取り組み

2011年3月9日、厚生労働省の健康増進施設認定規定により、“宮前平源泉 湯けむりの庄”温泉利用プログラム型健康増進施設の認定を受けましたことをご報告いたします。
財団法人日本健康開発財団
http://www.jph-ri.or.jp/kenko/onsen/program/index.html

[ 温泉利用プログラム型健康増進施設とは? ]

厚生労働省が、国民の健康づくりを推進する上で適切な内容の施設を認定し、その普及を図るため、 “健康増進施設認定規定”を策定し、運動型健康増進施設、温泉利用型健康増進施設、温泉利用プログラム型健康増進施設の3類型の施設について、認定を行っているものです。 “宮前平源泉 湯けむりの庄”はその中でも、神奈川県で初めて、温泉入浴指導員を常駐させた“温泉利用プログラム型健康増進施設”として認定されました。

お食事処 心音9月の健康増進の紹介

こんにちは、飲食社員の高橋です。
いつも当館の『とうふ旬菜 心音』をご利用頂き、誠に有難うございます。

9月を迎え、今年の夏も終わりを告げようとしています。
今年の8月は例年に比べ晴れ間が少なかったこともあり、“夏”らしさを感じられる期間がほんの少し短かったように感じますね。
あっという間に終わってしまう夏に寂しくなってしまいますが、と言えば美味しい味覚が盛り沢山!
とうふ旬菜 心音でも9月5日(火)より秋の新メニューがスタートしております♪

★ラ・フランスカクテル パリの夕暮れ(\580)
★秋〆サバ二種盛り~おぼろ昆布添え~(\680)
★焼芋と柿の豆乳クリームチーズ和え(\540)
★広島県産カキフライ(\980)
★たっぷり薬味の戻り鰹の漬け丼(\680)
★さつま芋のミルフィーユ バニラアイス添え(\480) 等

■宮前平 源泉湯けむりの庄 お食事処はコチラ

旬の食材をふんだんに使用した様々なジャンルのお料理を他にも多数ご用意致しました。
今回は上記のお料理より、『秋〆サバ二種盛り~おぼろ昆布添え~(\680)』をご紹介いたします!

一年中流通している魚のサバですが、秋のサバは特に脂が乗っていて秋ナスと同様に「嫁に食わすな」・・・なんて表現されるほど美味しい食材です♪
旬のサバを〆サバに仕立て、生と炙りの贅沢な二種盛りに仕上げました。
おぼろ昆布と共に味わうことでより深い味わいをお楽しみ頂ける一品です。

■善玉コレステロールを増やすEPA,DHA
サバは非常に脂質に富んだ魚ですが、中でも多価不飽和が群を抜いて多く含まれています。EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に代表される多価不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、逆に善玉コレステロールを増やす働きがあり動脈硬化の予防、改善や脳卒中や高血圧などの生活習慣病から身体を守ってくれます。

■貧血予防のビタミンB12
ビタミンB12は悪性貧血の予防や肩こりの解消に効果があると言われています。

■アンチエイジング効果のセレン
ミネラルの一種であるセレンには高い抗酸化作用があり、がん予防やアンチエイジング効果が期待されます。
セレンの一日推奨摂取量は30~50代女性の場合約25μgであるのに対しサバにはこのセレンが100gあたり70μg含まれていて、これは魚類に限らず食品の中でもトップレベルの含有量です。

美味しいだけではなく栄養価も高いサバ。
当館にお越しの際は是非『とうふ旬菜 心音』にてこだわりのサバ料理をお試しください♪

『秋〆サバ二種盛り~おぼろ昆布添え~』(680円)

スタッフ一同、皆様のご来館を心よりお待ちしています。

投稿日:2017.09.22|カテゴリー:健康増進への取り組み

大森の健康増進ブログ✿⑩

こんにちは^^
健康増進ブログをご覧下さりありがとうございます!
最近は雨も多いですが、
少し暑さも和らぎ温泉に浸かるのがさらに気持ち良くなってきましたね^^
今回は「入浴の効果」をお伝えしたいと思います♪
入浴には大きく4つの効果があるといわれています。

①体が軽くなる浮力作用
全身入浴することにより浮力が働き体重が10分の1なるため、
日々身体の重さを支えている腰や足にかかる負担が軽減されます^^
浴槽に深く座るのが辛い・・・という方でも、
当館には「腰掛け湯」や「立湯」がございますので、お身体の具合に合わせて無理なく
ご入浴頂けます♪

▲腰掛け湯


▲立湯

マッサージ作用
水圧による天然のマッサージ効果も期待できます♪
血行の促進や、足の疲れやむくみを取り除いてくれるのです^^

温熱作用
身体が温められ血行が良くなる事により、
新陳代謝も促進され体内の老廃物を排出してくれます。

自然浴作用
当館の露天風呂では空がいっぱいに広がり木々や季節によってお花もあるので緑が楽しめます。
自然に囲まれることでストレスも解消されますよ^^

是非湯けむりの庄で良い効果がいっぱいのご入浴タイムをお楽しみくださいませ^^

投稿日:2017.08.31|カテゴリー:健康増進への取り組み

お食事処 心音8月の健康増進の紹介

いつも当館の『とうふ旬菜 心音』をご利用頂き、誠に有難うございます。

8月に入り、季節はいよいよ夏真っ盛り!
お祭りや花火大会、海やプールなど・・・
この季節ならではの行事が盛り沢山で、毎年心が踊ってしまいます♪

今回は、真夏に旬を迎える野菜『オクラ』についてご紹介いたします。

【ペクチンの整腸作用】
オクラといえばネバネバとしたぬめりが特徴的な野菜ですね。
このネバネバはガラクタン・アラバン・ペクチンなどの食物繊維によるもので、
中でもペクチンは整腸作用を促すのでコレステロールを排出したり
便秘を防ぎ大腸ガンを予防する効果があると言われています。

【βカロテンの抗発ガン作用】
オクラにはレタスのおよそ3倍以上のβカロテンが含まれており、
このβカロテンには抗発ガン作用があることが知られています。
その他にも体内でビタミンAに変換され、髪・粘膜・皮膚の健康維持、視力維持、
喉や肺など呼吸器系を守る働きがあると言われています。

【カルシウムのイライラ解消効果】
オクラに沢山含まれているカルシウムにはイライラ解消効果があります。
骨を生成する上でも欠かせない成分なので、骨を丈夫にし健康を維持します。

『とうふ旬菜 心音』では栄養満点のオクラを使用し、
さっぱりとした『オクラの浅漬け』をご用意致しました!


▲『オクラの浅漬け (480円)』
※税抜表示となります

あっさりとした塩味のオクラはシンプルながらも味わい深く、
共に添えたアイスプラントもプチプチとした食感で癖になる一品です♪
季節限定のお料理ですので、当館にお越しの際は是非お試しくださいませ!

スタッフ一同、皆様のご来館を心よりお待ちしています。

宮前平 お食事処

投稿日:2017.08.09|カテゴリー:健康増進への取り組み

大森の健康増進ブログ✿⑨

いつも当館をご利用頂きありがとうございます。運営社員の大森です。
健康増進ブログを通して、段々とご自身の健康面について把握できるようになった事や気を付ける部分、
取り入れたい情報は増えてきたでしょうか?

【夏バテ対策】の最終回では
当館でできるオススメ夏バテ対策をお伝えしたいと思います。

エアコンと外気温の差でカラダに負担がかかりやすい夏。
カラダの温度調節には「汗をかくこと」が大切です。
そこで当館でリラックスしながら汗をかける3つの事をご紹介します^^

①岩盤浴
サウナとは異なり、40~50度程の温度ですが汗をたくさんかけるので
カラダへの負担も小さく、湿度もあり息苦しさが少ない為おすすめです。
普段汗をかきにくい方も、汗をかく習慣をつける事でカラダも変化してきますよ^^

②半身浴
たっぷり肩までお湯につかってしまうと肺や心臓に水圧がかかり負担が大きくなります。
半身浴は温められた血液が上半身にもしっかりと巡るので十分全身を温める事ができ、
心臓にも負担がかからず安心です。ぬるい温度のお湯に半身浴で長く浸かるようにしましょう♪
温泉で「カラダに負担をかけずに汗をかく」には半身浴がオススメです♪

③ヨガ・ストレッチ(http://yukemurinosato.com/miyamaedaira/event)
当館では定期的にヨガやストレッチなどの健康教室を開催しております^^
温泉や岩盤浴の後にカラダを伸ばすことで、筋肉がほぐれ血行が良くなり発汗を促します。
どなたでもご参加いただけますので、毎月発行する健康教室カレンダーで予定をご確認の上受付フロントでご予約下さいませ♪

 

当館でリラックスしながら夏に負けないカラダ作りをしましょう^^♪

投稿日:2017.07.28|カテゴリー:健康増進への取り組み

大森の健康増進ブログ✿⑧

先日、蝉の声が聞こえた気がしましたが皆様の周りはいかがでしょうか?

夏の到来を感じますね^^

さて、湿度も増し蒸し暑くなってきましたので「夏バテ対策」について簡単にできるものを書いていきたいと思います♪

①冷房は27~28℃に抑えて

室外との温度差を小さくする為に、冷房は気持ち高めに設定します。

エアコンの風も身体に直接当たらないように気を付けてくださいね^^

除湿を上手く使いましょう

湿度が高いとより暑く感じてしまうので、除湿をするだけでも違います。

どうしても暑い日中は弱めの冷房、日が落ちてからは少し除湿に切り替えるなど工夫をしましょう♪

③いつも薄手の上着は持ち歩く

電車やデパートなどは冷房が強く急激に身体が冷えるので、薄手の上着を持ち歩いて

羽織ると良いです。特に電車はかなり冷房の設定温度を低くしているので、

弱冷房車などに乗車し上着を羽織るのがオススメです^^

適度に汗をかくことも大切

体温調節をするために汗をかくことはとても大切です。

日が落ちてからのウォーキングなどで無理なく汗をかくようにしましょう♪運動後はミネラル補給にスポーツドリンクなどを飲むと良いです^^

いかがでしたか?

少し意識するだけでも夏バテ対策になります。ご自身やご家族の為にも是非実践してみてください♪
次回は、湯けむりの庄でできる【夏バテ対策】をお伝えします^^

投稿日:2017.07.26|カテゴリー:健康増進への取り組み

お食事処 心音7月の健康増進の紹介

こんにちは、飲食社員の高橋です。
いつも当館の『とうふ旬菜 心音』をご利用頂き、誠に有難うございます。

7月に入り気温がぐっと上昇し、早くも猛暑日と観測される地域があちらこちらで出てきました。
茹だるような暑さにぐったりしてしまいますが、サッパリとしたお料理や冷たいデザートがより一層美味しく感じられるのは嬉しい点かもしれませんね♪

今回は心音の夏限定メニューの中から、サッパリとした一品の『店仕込み とうもろこし豆冨』を紹介いたします!


メイン食材のとうもろこしは米、麦に並ぶ世界三大穀物であり、
糖分が主成分なのでエネルギーの補給源となります。
胚芽部分にはビタミンB群を豊富に含み、ビタミンEやカリウム、カルシウム、
マグネシウムなどをバランスよく含む栄養価の高い野菜です。

【ビタミンB群】
ビタミンB1・・・糖質をエネルギーに変える
ビタミンB2・・・糖質だけでなくタンパク質や脂質もエネルギーに変える
ナイアシン・・・三大栄養素(タンパク質・糖質・脂質)からエネルギーを作る
ビタミンB6・・・タンパク質や脂質をエネルギーに変えるほか、神経伝達物質の合成にも関わる
葉酸・ビタミンB12・・・協力して赤血球のヘモグロビンを作る
ビオチン・・・三大栄養素がエネルギーに変わる時の代謝を助ける
パントテン酸・・・コエンザイムAという補酵素の構成成分、多くの代謝過程において必要な物質

【ビタミンE】
動脈硬化の予防
冷え症・肩こりの改善効果

【カリウム】       
過剰に摂取したナトリウムを体外に排出する働きがある
むくみの解消、高血圧の予防効果

【カルシウム】       
骨粗しょう症・高血圧の予防
イライラ解消効果

【マグネシウム】  
心臓病・高脂血症の予防
糖尿病・血糖値の改善効果

また、粒の皮はセルロースという不溶性の食物繊維で出来ていて、
腸内で水を吸収して膨らみ腸管を刺激し、有害物質を吸着します。
そのため便秘の予防・解消、大腸がんの予防、体内の有害物質を排出するなどの効果があります。

夏バテしがちなこの時期にも嬉しい、栄養たっぷりなとうもろこしを使用した
『店仕込み とうもろこし豆冨』は、とうもろこしの甘みをしっかりと感じる
優しい味わいのお豆冨に仕上げました。
そのままはもちろん、割り醤油を掛けて頂くと素材の旨味と相まって更に美味しく
お召し上がり頂けます♪
『とうふ旬菜 心音』自慢の季節限定豆冨、当館にお越しの際は是非お試しくださいませ。

スタッフ一同、皆様のご来館を心よりお待ちしています。

 

投稿日:2017.07.25|カテゴリー:健康増進への取り組み

大森の健康増進ブログ✿⑦

運営社員の大森です。
だんだんと蒸し暑くなってきましたね^^
脱水症状や夏バテで体調を崩しやすい時期ですので、
しっかりとご自身の健康管理を行いましょう。

今月3回にわたりお伝えするテーマは、【夏バテ対策】!!!
夏バテ対策記事第一弾は、そもそも夏バテとは何か・・・という事を書いていきます^^

カラダは、暑くなると汗を出して熱を体外に発散することで体温を調節しています。
夏は、室外は高温多湿で室内ではエアコンが効いて冷えていますよね。
このように温度差が激しい場所を行き来していると、温度調節機能が対応できなくなり
自律神経が乱れてしまいます。
加えて水分補給不足なども原因となり、
食欲低下・カラダがだるい・不眠などの【夏バテ】の症状が現れてしまうのです・・・。

夏バテは誰にでもなる可能性があります。
ただでさえ暑くて過ごしづらい夏の日に体調を崩してしまわないよう、
次の回では、対策方法について書いていきます^^

是非次回もお楽しみにお待ち下さいませ^^♪

投稿日:2017.07.19|カテゴリー:健康増進への取り組み

とうふ旬菜 心音 7月の健康増進の取組み

いつも 宮前平源泉 湯けむりの庄 『とうふ旬菜 心音』 をご利用頂き、誠に有難うございます。

梅雨も後半になりジメジメした気温の高い日が続いて大変ですが、皆様元気にお過ごしでしょうか?

お食事処 『心音』 では、夏の新メニューが6月よりスタートし、大変ご好評を頂いております!

今回は、いくつかのメニューに使われている 「カンパチ」 について、ご紹介させて頂きます。

カンパチの見た目はブリにそっくりですがブリに比べ脂が少なく、その分適度にサッパリとしており、旨味をしっかり味わえるのが特徴です。旬の時期も、ブリが冬に対してカンパチは夏になります。

カンパチを使用したメニュー

▼カンパチのお造りとなめろう ¥850

▼カンパチのカルパッチョ ¥680
  

▼カンパチの二色焼き ¥850


▼カンパチの漬け丼 ¥1,080
 

 

カンパチの栄養価

カリウム
カンパチにはカリウムが豊富に含まれていて、魚介類の中ではトップクラスの含有量で100gあたり490mgもあります。
カリウムが豊富な食材の代表格としてバナナが有名ですが、100gあたり360mgなので、カンパチの豊富さが実感できますね。
カリウムはミネラルに分類される栄養素の一つで、細胞の内と外の水分量や浸透圧を調整する役割や、筋肉の収縮を正常に動作させる役割を担っています。
また、カリウムにはナトリウムの排出を促す効果もあるため、高血圧やむくみの予防に一役買ってくれます。

       
DHA・EPA
カンパチを食べるとDHA・EPAを摂取できる点も見逃せません。
DHAは動脈硬化や脂質異常症をはじめ、高血圧などの生活習慣病の予防や改善に効果があります。
また、脳の働きを活性化するため、認知症やアルツハイマーの予防、記憶力や集中力の向上も期待できます。

EPAは、血液をサラサラにする効果があり、動脈硬化の改善に役立ちます。また、花粉症やアトピーの改善にも効果があり、特に青魚に多く含まれている栄養素です。

セレン     
ミネラルの一種であるセレンは、抗酸化作用と解毒作用のある栄養素です。解毒作用で体内の不要物を強力に排出するため、老化防止に大きな効果があると言われております。またセレンにはがん予防の効果があることもわかってきております。

これ以外にも免疫強化に欠かせないタンパク質が豊富に含まれていたり、タンパク質の代謝を強力にサポートするビタミンB6や、神経機能の正常化や造血作用に必要なビタミンB12等、栄養価が優れた食材です。
もちろんその他にも、たくさんの旬の味覚をご用意しておりますので、『心音』にお立ち寄りの際は

是非お召し上がり下さい♪

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

投稿日:2017.07.12|カテゴリー:健康増進への取り組み

お食事処 心音6月の健康増進の紹介

こんにちは、飲食社員の高橋です。
いつも当館の『とうふ旬菜 心音』をご利用頂き、誠に有難うございます。

6月になり、紫陽花が見頃を迎える時期となりました。
当店の敷地内でも綺麗な紫陽花たちがあちらこちらで顔を見せていて、
近くを通る度についつい見とれてしまいます。
晴れた日の雲も大きくモクモクとしていて、早くも夏らしさを感じられるようになりました。
夏と言えば冷たいデザートや麺類が美味しい季節ですね♪

『とうふ旬菜 心音』では6月6日(火)より夏メニューがスタートしています!  

★マンゴースムージー 氷結マンゴーアイスを添えて       
★ベビー野菜とゴーヤのサラダ 人参ドレッシング添え       
★米茄子の味噌田楽       
★数量限定岐阜県産鮎の姿焼き       
★若姫牛スジの石焼きビビンパ       
★清涼そうめんとふっくらいなり寿司       
などなど、様々なジャンルのお料理をご用意しております。


▲ベビー野菜とゴーヤのサラダ 人参ドレッシング添え 980円
今回の夏メニューで取り扱った食材の一つ『マンゴー』    
海外ではフィリピン・タイ・メキシコ・ブラジルで多く栽培され、
国内では沖縄・宮崎・鹿児島を主な産地として5月~8月に収穫・出荷される夏が旬の南国フルーツです!

甘くてジューシーな南国フルーツ、マンゴーには身体に嬉しい栄養素もたっぷり含まれています!

■β-カロテン・ビタミンC・・・美肌効果・免疫力を高める
マンゴーに含まれているβ-カロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換され、
皮膚の粘膜を保護し、肌荒れを予防する効果が期待されています。
ビタミンCはシミやしわを予防し生き生きとした肌へと導きます。
マンゴーに含まれるビタミンCは熱や水の影響がほとんどないため効率的に栄養分を摂ることができるのが特徴です。

■カリウム・ビタミンB6・・・生活習慣病の予防
カリウムには高血圧の原因となるナトリウムの排泄を促す働きがあるため高血圧の予防効果があるといわれています。
ビタミンB6には血液をサラサラにする働きがあるので、生活習慣病を予防する効果が期待出来ます。

■葉酸・・・貧血の予防
ビタミンB群の一種で、「造血のビタミン」とも呼ばれている葉酸は
新しい赤血球を造る働きがあるため、貧血の改善に効果があります。

この夏、『とうふ旬菜 心音』では栄養豊富なマンゴーを使用した冷たいデザート
『マンゴーたっぷりかき氷(550円)』をご用意いたしました。

フレッシュなマンゴーの果肉とソースをその名の通り“たっぷり”と使用した
色鮮やかなかき氷の上に、バニラアイスと練乳を添えた贅沢な一品。
目で見て、味わって、心が躍ってしまう事間違いなしです!
当館にお越しの際は是非お試しくださいませ♪

スタッフ一同、皆様のご来館を心よりお待ちしています。

投稿日:2017.06.22|カテゴリー:健康増進への取り組み

大森の健康増進ブログ✿⑥

こんにちは^^健康教室担当の大森です。
だんだんと湿度も上がり蒸し暑くなって夏の到来を感じます。

前回に引き続き、お水についての疑問をアクアアドバイザーの吉樂(きちらく)に答えてもらいます!

 

Q4 水はどのくらい飲むのが良いの?
A4 1回コップ1杯(150~250ml)、1日6~8回に分けて飲むと良いです♪
1日に必要な水分摂取量は約1.5Lと言われています。

Q5 水分補給のタイミングはいつ?
A5  ①寝る前と寝起き
空腹時
のどの渇きを感じる前
汗をかく前
汗をかいた後
特に夏は室内にいても喉が渇く前にこまめに水分補給をしましょう^^
汗をかく前に水を飲む事も脱水症状の予防になります。
入浴や岩盤浴の前後は必ず水分補給を行ってください♪
Q6 水の温度はどれくらいが良いの?
A6 冷たすぎない常温の水をゆっくりのがオススメです。
人間の身体は高温に保たれており、冷たい水を飲むと内臓に負担がかかってしまいます。
常温の水にしか排出できない老廃物があったり、食欲を抑えるとも言われており 良いこと尽くしなのです^^

今後はタイミングや温度を気にして水分補給をしてみて下さい^^
次回のQ&Aもお楽しみに♪

投稿日:2017.06.21|カテゴリー:健康増進への取り組み